おうち英語

ベビー向けおもちゃ「カップタワー」でおうち英語♪

みなさまこんにちは!3歳の息子に「裏庭の草ボーボーだから、一緒に草むしりしよう」と誘っても全然動いてくれなかったので、友人のアドバイスを受け、「お野菜取ってきて~。取ったらそれでお料理しよう」と言うと、見事に雑草たちを引っこ抜いてバケツに入れて混ぜ混ぜしていました!お野菜取りのおかげでまぁまぁはかどりました。物は言いようですね(笑)

 

さて、今回は私が実践しているベビー向けおもちゃ「カップタワー」を使ったおうち英語をご紹介します。

英語の知育玩具は多く売られていますが、そういった英語専用ではなく、ベビー玩具を扱っているところであればどこにでもあるような定番のおもちゃを使ったおうち英語です♪

 

カップタワーってどんなおもちゃ?

取り扱う会社によっては、「つみかさねカップ」や「コップがさね」など商品名が多少違いますが、その名の通り、カップを積み重ねたりして遊ぶおもちゃです。

積み重ねるだけでなく、お風呂場で水をすくってジャーっと遊んだり、おままごとのお皿として使ったり、帽子にしてみたりと、色々な遊び方ができるのもこのおもちゃの長所の1つです。

また、プラスチック製なので壊れにくく、汚れも取りやすいですし、使い終わったら重ねて収納できるので場所も取りません。

そして何よりコスパが良く、気軽に手が出せます♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンパンマン 天才脳つみかさねカップ
価格:967円(税込、送料別) (2019/6/11時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビ コップがさね
価格:798円(税込、送料別) (2019/6/11時点)

楽天で購入

 

ちなみに我が家はアンパンマンの「つみかさねカップ」を使用しています!

カップの裏にキャラクターと数字も書かれているので、数字を目で覚えさせるのにも役立つかなと思いこれを選びました。

 

遊びながら英会話♪

息子が2歳半頃からやっていた遊び方です。

 

  1. カップを見せながら“What color is this?”と色を聞く
  2. わからないor「あお!」と日本語で答えたところで“Blue”と英語で教える(ちなみに、英語でなくても日本語で正しく答えた時は、必ず“Good job!!”と褒めてます)
  3. できそうならリピートさせる
  4. カップを積み上げる
  5. 1.に戻る

 

このリピートと積み上げる作業の繰り返しです。

最後まで積み上げたら“Let’s break it!!”と言ってタワーを壊してもらってます。

これが子供にとっては1番面白いようで、頑張って積み上げたご褒美みたいなものですね。

リピートしたらカップがもらえるというやり方がハマったのか、うちの子は「早くくれ」と手を出しながら必死にやってくれてます(笑)

もし、リピートはしようとしてるけど、上手くできなくてワー!!ってなるお子さんがいたら、1番覚えやすくてリピートしやすい、“pink”と“blue”から教えることをオススメします。

私はまずこの2色を重点的に教えてその後

green” “yellow” “orange” ⇒ “purple” ⇒ “white” “black” ⇒ “brown”

の順番で教えてます。

ちなみに息子は今“brown”のところにおります(笑)

英語教育に熱心な親御さんだと色の認識はもちろん、“dog”や“hop”などの3文字レベルがすでに読める3、4歳のお子さんもいます。

私は仕事ではどちらかというと松岡修造タイプ(笑)だと思うのですが、家ではザ・ゆとり教育です^^;

 

まとめ

息子が8カ月の時に購入したカップタワーですが、色々な使い方ができるので、3歳になった今でもずっと使い続けてくれています。

現在は積み重ねるよりは、おままごとのお皿として使っていることの方が多いです。

カップタワーの色をほぼ覚えたら、次は2語のフレーズもしくはセンテンスでリピートできるようになると良いですね。

息子とお風呂場で実践しているやり方があるので、それについても今後また触れていけたらなと思います。

 

★ご意見・ご質問ありましたら、ハスミのTwitterへお気軽にどうぞ↓↓↓

https://twitter.com/Hasumi_english

良かったら、いいね・フォローお願いします♪

ABOUT ME
アバター
ハスミ
現役子供英会話講師で2児のママ。0歳~18歳まで150名以上の生徒指導経験があり、小1で中1レベルの英検に合格させた実績を持つ。子供を英語好きにする方法を発信している。