おうち英語

英語を話す声が小さい…恥ずかしがり屋な子供たち~その時親がすべきこと~

みなさま、こんにちは!ハスミです♪

年々、英語に対する意識が高い親御さんが増えてきています。

英会話教室に0、1歳から通わせたり、ママやパパ自身がおうちで子供に英語教育をしたり、オンライン英会話を一緒に受講したりなど、早期英語教育が著しい時代になってきましたね!

そんな中、

子供がボソボソ喋って全然聞き取れない

恥ずかしがってそもそもリピートしてくれない

というような悩みをお持ちの親御さんもいらっしゃるでしょう。

今回は、恥ずかしがり屋な子供たちが…

  • どうしたら大きな声で英語を話してくれるようになるか
  • そのために親にして欲しいこと

以上をまとめました^^

大きな声で発話する子ほど定着が早いですから、これはとても大切なことですよ★

 

恥ずかしがり屋じゃダメなの?

子供が恥ずかしいと感じてもごもごするのは、ごく普通のことです。

大人でもありますよね。

日常的に話さない言葉を口から出そうとするのですから、恥ずかしがるのは当たり前です。

「もっと大きな声出しなさいよ!」

と親に言われても、子供は

「はい!わかりましたぁ!」

と簡単にできるものではありません(笑)

しかし!!

英語というものはコミュニケーションを取るための手段ですから、恥ずかしがってちゃいつまで経っても英語を話せるようにはなりません!

口から出す(アウトプットする)ことで単語を頭に定着させ、それを繰り返していくことによって英語力は身に付いていくのです。

恥ずかしがり屋はもちろん悪いことではありませんが、英語力向上の面だけで言うと、正直上達しにくい・足を引っ張ることの方が多いです。

では、どうしたら積極的に大きな声で発話してくれるようになるのでしょうか。

一緒にみていきましょう^^

 

親にして欲しいこと

大きな声での発話を促すために、親に是非して欲しいことがあります。

 

親が間違えてみせる

声が小さい理由の1つに

自信がない

ことが挙げられます。

これは日本人の特徴の1つでもありますが、間違えたら恥ずかしいとか、間違いを恐れるところがあります。

ですので、親が子供の前でわざと間違えてみせると良いでしょう。

子供にとって親は理想であり完璧な存在なので、その親でも間違えることはあるんだよ~ということを教えてあげて欲しいです。

そうすることで、子供に

間違えても良いんだ

と思わせてあげてください^^

それが積極的な発話に繋がり、ひいては英語力の上達スピードをUPすることにもなります。

是非、思いっきり間違えてください!!(笑)

 

発表の場を設ける

これは人前で、子供1人で英語を話す機会を作る、ということです。

人前というのは、お友達や先生など他人でも良いですし、おじいちゃんおばあちゃんやママでも誰の前でもOKです。(まずは少人数の前からで始めましょうね!)

大切なのは、1人でピシッと立って発表会のような雰囲気を作り、話す場を提供してあげることです^^

ただ、これいきなりみんなの前で何か話せって無理ですよね(笑)

話す内容をきちんと決めて、練習する時間を取ってあげてくださいね!

練習すればするほど、その内容を話すことに自信を持つことができ、自然と声も大きくなっていきます。

先程と重複しますが、やはり自信を持たせてあげることが大切です。

練習してきたことを人前でしっかりと発表できたなら、それは子供本人にとって達成感を味わえた非常に貴重な経験となり、「上手にできたねー!」と褒めてもらえたなら、さらに大きな自信に繋がるでしょう。

 

オススメのスピーチ内容

オススメは自己紹介です♪

“ Hello!! My name is 〇〇. I’m 〇 years old. I like … ”

のように、自分のことをスピーチ感覚で発表するのが良いでしょう^^

ちなみに文章だけでなく、何か内容に関係する絵を見ながら練習すると覚えやすいですよ♪

“ I like apple juice. ” を覚えたいなら、リンゴの絵を見ながら練習するとか。

そうすると、絵を見ただけで、「あ、次は好きなものを言うんだった」とスピーチ内容を思い出しやすいです^^

 

親が積極的に発話しよう

子供がモジモジしているのを見て

「ほら、頑張りなさい!」

「大丈夫!できるよ」

と言いたくなりますよね。

めちゃ気持ちわかります!

私ももしかたら無意識に言ってるかもしれません(笑)

しかし、親があれこれアドバイスするのではなく、もう親自身がいっちゃいましょう!!

英語が話せなくても!いくんですよ!!(笑)

自分がムリなことを子供にさせようとしてるのですから…ね!(笑)

英語が全く話せなかったとしても、親である自分が積極的に頑張っている姿や英語を楽しんでいる姿を子供に見せることで、自ら子供のお手本になりましょう。

言うよりやって見せる方が、子供は影響を受けます。

親が積極的に発話している姿を見て、自分も話せるようになりたいと思ったり、自分も英語を楽しみたいと思ったり、親に負けたくないと思ったり、恥ずかしがり屋から抜け出す一助になることは間違いないでしょう!

そんな偉そうなこと言ってる私も、高校生になるまで相当シャイな人間の1人でした(笑)

 

恥ずかしがり屋だったハスミの過去

ここから、急に思い出話になります(笑)

中学生時代、父の知り合いの方が外国人をたくさん呼んでパーティをするから、私たち親子も是非参加して欲しい、と声をかけてもらったことがあります。

今だったら、

「何そのイベント!!最高じゃん!!参加するするひゃっほーい♪」

となりますが、当時の私は

「英語は好きだけど…え、外国人と話したりするの?マジでー…ムリ。」

でした(笑)

英語は好きなのに外国人と話したくないって矛盾してますよね^^;

でもそういう人多いのではないかと思います。

当日、父に連れられ嫌々パーティに参加しました。

英会話にすごく積極的な同級生がその場にいたので、結局私はその子の陰にずーっと隠れて、外国人の方々には終始背中を向けたままの状態でパーティは終わってしまいました。

めちゃもったいない!!!

私がその場で英語を喋ったのは確か、計3語くらい(少なっ)でしたが、一緒に参加した父の姿を見て驚きました。

英語が全っ然できない父が、“ Where are you from? ”の質問に対して、「あ、あいむ、ふろーm…」とひきつった笑顔でめちゃ頑張って答えているじゃありませんかー(笑)

その後も好きな食べ物を聞かれて答えていたり、全然満足に話せなくても積極的に話す努力をしていました。

そんな父の姿を見て、純粋に「やるなぁ…」(上からw)と思ったのと同時に、父より英語が話せない自分はイヤだ!!と思いました(笑)

「お前ももう少し頑張って英語で話しかけろ」などと父に言われることは一切ありませんでしたが、ザ・昭和の頑固親父が、身振り手振りで頑張っている姿を目の当たりにしたことで、英語学習に対して私の中の何かがプラスに動いたことは確かです。

そして私は今、子供に英会話を教える先生という仕事に就いています。

父とのパーティだけが英語の道に進んだ理由というわけではありませんが、きっかけの1つであることは間違いありません。

つまり何が言いたいのかというと、子供は親の背中を見て育ちます

「百聞は一見に如かず」ではないですが、親があーだこーだアドバイスするよりも、子供の目の前でやって見せる方が、説得力が何倍もあるということです。

子供の前だけでも(笑)挑戦し続ける親でいたいですね^^

 

まとめ

いかがでしょうか。

恥ずかしがり屋な子って多いですよね。

  • 自信をつけてあげる
  • 親がお手本になる

ことが大切ですね!

恥ずかしがり屋から抜け出し、英語力の上達スピードを是非UPさせましょう!!^^

 

 

★ご意見・ご質問等ございましたら、ハスミのTwitterへお気軽にどうぞ↓↓↓

良かったら、いいね・フォローお願いします♪

泣いて喜びます!!!
お悩み相談も受け付けています☆

\LINE公式アカウント限定/

「子供を英語好きにさせ効率的に力を伸ばすコツ」

①好きになってもらうために親がすべきこと

②英語に触れる方法まとめ(それぞれのメリットも)

以上をまとめました。

子供が全く英語に興味を持ってくれない…

子供の英語教育を進めたいけど何をしたら良いかわからない…

と悩んでいる小学生以下の親御さんにまず一度見て頂きたいです!

※期間限定で無料配布中!

登録する

ABOUT ME
アバター
ハスミ
現役子供英会話講師で2児のママ。0歳~18歳まで150名以上の生徒指導経験があり、小1で中1レベルの英検に合格させた実績を持つ。子供を英語好きにする方法を発信している。